あらたまの自己紹介

プロフィール

はじめまして!
あらたまと申します。
このブログ「しかのあしあと」を運営している、絶賛子育て中の30代育児主婦です。

あらたま
あらたま

2児の母やってますー。

「誰が興味あんねん!」というツッコミは「ごもっとも!」とがっちり受け止める覚悟ではおりますが、できることなら軽く流していただけると…ありがたいです(^^;)

 

現在の姿は、ママ友ゼロの専業主婦

旦那さんと結婚して、生まれ育った所を離れて今の土地での生活がはじまりました。

土地勘ゼロ。
地元友だちゼロ。
知り合いゼロ

住んでる土地で話ができる大人は、旦那さんだけ。
あとは病院の先生とか。スーパーのレジのおばちゃんとか。

誰とでも友だちになれるような社交性は持ち合わせていない内向型人間なので、この状態が改善されることのないまま1人目妊娠し、出産。

子どもが1人の間は、まだギリギリ仕事を続けてたんで、そのお客さんとお話するのが唯一のストレス発散の場所でした。
仕事の場所は実家が拠点になっていたので、往復2〜3時間の距離。
2人目妊娠中まではつわりに耐えながらも必死で通ってましたが、2人目出産後はさすがに通えなくなり、この唯一のつながりも途絶えました。

そして子どもつながりの「ママ友」というのはついにつくることはできず、現在に至ります。

しかさん
しかさん

さみしいやつやな。

あらたま
あらたま

なんか書いてて涙出てきた…。

子どもが2人になり、外に出る機会もふえて、さすがに顔見知り程度のママさんはできました。
が、あくまでも顔見知り止まり。
名前も連絡先も住んでる場所も、知りません。スーパーで買い物中に会ったら会釈するぐらい。

ほんと、みんなどうやってママ友作ってるんですか?
自分からグイグイいくとか苦手すぎるしグイグイこられるのも苦手なんですけど、それ以外で方法があるなら教えてほしいです。

 

 

ブログを始めたきっかけ

ママ友ゼロの専業主婦、しかも幼稚園にも保育園にも通わせずに自宅育児中となると、とにかく大人と話す機会がない!

旦那さんはプロのプータロー(←なんじゃそりゃ)なので家にずーっといるけど、いわゆる「女子トーク」ができないんです!
支離滅裂でも話題の展開とびまくりでも、とにかく思いついたこと話したいことをどんどん投げ合う、あれね。あれがしたいのですよ。

問題解決とかダメ出しとかじゃなく、単なる情報共有と共感の時間。
何が解決したわけでもないけど、話し終わったら妙にスッキリする、あの時間。

あれがない毎日に、じわじわじわじわ息苦しさを感じるようになったんです。

 

じゃあ、地元の友だちと会って話せばいいやん?と思いますやん?
でも、30代ってやたら時間なくないですか!?
みんな仕事やら子育てやらが忙しい時期なんで、時間の融通もきかなければ制約事項が多すぎるんです。

あらたま
あらたま

結婚して遠くに行っちゃった子も…数少ない友人が…うぅ…。

かくゆう私も絶賛自宅育児中で、自分の時間なんて、まーほぼない毎日!
奇跡的に予定合わせられても、家で待ってる子どもらのことが気になって落ち着いて話せないし、子連れで会うとうるさすぎて全然ゆっくりしゃべれないし…。

 

そんなこんなで、自分が経験したり感じたり考えたりしたこととか、ぜひ誰かに話したくなるお役立ち情報見つけたとか、そういうことを吐き出す場所が欲しかったんです!

自分勝手なことですけど。

あらたま
あらたま

正直に書いてみたけど、ヒドイ理由やな…。

しかさん
しかさん

代わりに謝っといたるわ。スイマセン!

内容が薄いとか、構成がおかしいとか、キャラが定まってないとかはもう覚悟の上です。

それでも書き続けていくことができたら、何かが変わるんじゃないかとうっすら期待しているのです。
スッキリするとかね。反応してくれる人がいるとかね。誰かの役に立てるとかね。

 

二人目出産前までは、ネイリスト

上にもチラッと書きましたが、2人目妊娠中まではまだ仕事を続けていたんです。
続けていたと言っても、1人目出産以降はかなりセーブした状態で、虫の息で強引に続けてる感じでしたけど。

その時までやっていたのは、ネイルのお仕事でした。
しんどくても忙しくても楽しくて、大好きだった仕事。

出張ネイルというスタイルにこだわってやっていたんですが、目の前の仕事が楽しすぎて、子どもができてからも続けられる土台作りをせずに突き進んでしまって、結果続けられなくなりました。

このことを、未だに引きずっています。
もう一度やりたい、というよりは、自分の勝手で迷惑をかけてしまった人々に対して。

私を選んでお仕事を依頼してくださっていた方々とか。
ネイルのお仕事ができるように協力してくださってた方々とか。

とにかく、思い出すと今でも申し訳なさすぎて胸がきゅーっと苦しくなります…。

そんな気持ちを成仏させるために、このブログではネイルに関することも書いていこうと思ってます。
これは、とにかく誰かの役に立てるように。

これからネイリストを目指す人でもいいし、何か壁にぶち当たってる人でもいいし。
ネイルの勉強や仕事を通して得た知識や技術、経験を、文章にしてシェアすることで、私の中でモヤモヤくすぶっている雑念を成仏させていく、禊の儀式なのです。

しかさん
しかさん

怖いがな…。

なぜデザインを勉強したくなった?

そんなに好きならネイルの仕事したらいーやんって言われそうですが、それとこれとは別…なんですよね〜なんか…。

ネイルは、大好きです!
もしチャンスがあれば、何らかのカタチでお仕事なりボランティアなり、関わっていけたら幸せです。

でもそれを以前と同じようにできないことはわかっているし、そこにしがみついていては前に進めない気がするんです。

 

そうやって悶々とする中で、新しい「何か」が必要だと考えるようになりました。
目的となる「何か」が。

そこで白羽の矢が立ったのが、「デザイン」という分野だったんです。

もともと、ネイルの仕事やその前に就いていた職業を通して、色や構図のちょっとしたバランスの変化が人に与える影響の大きさに、とても興味を惹かれていました。

漠然とした感覚ですが、この面白さについて、もっと知りたくなったんです。

 

私は特に専門性を磨くこともなく学生時代を送り、一般的な高校・大学を出て一般的な企業に就職しました。
そのおかげで今があるので、そんな人生を送らせてくれた親には感謝しています。

が、もし学生時代に戻れるなら、美術関係の専門学校や大学に通って、専門的な勉強してみたい。
そしてその専門性を活かした仕事がしてみたい、と妄想してしまいます。

 

そんな妄想をしているぐらいなら、今からでも勉強してみようと思い立ったわけです。

何の下地もありませんし、30代といってももう四捨五入したら40になる年齢で何を言っているのかと常識のある人からは怒られそうですが。

たった一度きりの人生ですしね。
やりたいと思ったことは、できる範囲からでもいいから挑戦しないとな、と思うのです。

今は育児主婦という立場なので、一日の時間の大半は家事育児に占領されていますが、それもあと数年もすれば変わりますもんね。

日々成長する子どもたちを見ていて、思います。
「私、このままだったら置いて行かれる…!」って。

専業主婦でいるのも、今の状況における選択でしかないし、いずれ変わるものですし。
そうなった時の選択肢を、未来の自分のために増やしておいてあげたいのです。

 

…何やらとりとめのない方向に膨らんできましたが、とにかく興味があるならそれでいいやんと思って、「デザイン」という分野にかじりついてみたくなったということです。

 

こんな私ですが…

特に何の取り柄も無い、ママ友ゼロの育児主婦であることをさらけ出しただけの自己紹介になってしまい、申し訳ないです。
ここまで読んでくださったそこのあなた、貴重なお時間を本当にありがとうございます!

そのご厚意に少しでも報いることができるよう、これから精進してまいりますので、今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします!

しかさん
しかさん

堅苦しっ!

 

コメント