産後退院してからの食事はどうする?を解決してくれたお役立ちサービス

おすすめアイテム

 

里帰りしない出産を選んだ私にとって、はじめての出産後、退院してからの食事は悩みのタネでした。
ウチの旦那さんは料理はしません。男子厨房に入るべからずで育った昭和男子です。

「いいやん、買えば。何とかなるって。」って言うけども、私は行けませんよ?
「スーパーとかコンビニとか何でもあるんやし。」って言うけども、毎日あなたが買いに行くんですか?
仕事中断して、ご飯の時間に間に合うように買いに行くの?

揚げ物中心のハイカロリーなお弁当を、毎日ですか?
あなた太りまっせ?わたしおっぱい詰まりまっせ?

お惣菜にしてもお弁当にしても、大体選ぶのって似たやつになりません?
一ヶ月それでいったら、絶対飽きますよ?

う〜ん…現実的じゃない…。

 

どうすべきか決めかねてるうちに、突然の破水からの、予定日14日前の出産!
初産は予定日より遅れるってよく聞くのに〜!

何の準備もできないまま入院し、美味しい病院のご飯をいただきながらも、退院してからの食事が心配で心配で…。

大人だけならいいんです、何でも。
でも、赤ちゃんのことを考えたらそうはいきません。
美味しいおっぱいを製造しなければいけないという責任の重さは、実際に授乳するまで本当の意味でわかっていませんでした。

このまま産褥期終了まで病院に延泊させてもらえないかと、一瞬本気で思ったりする始末…。

そんな中、病院のベットの上で必死で検索して「よし、これだ!」と思えたのが、セブンミールの宅配弁当でした。

 

産後の動けない時期に超便利!セブンミールの宅配弁当

 

食事や食材を宅配してくれるサービスは各社から出ていますし、探してみると選択肢は思ったより多かったのですが、細かく内容を見ていくと、我が家にとって「う〜ん」なポイントが何かしら見つかってしまいます。

病院のベッドの上でスマホにかじりついてあれこれ比較しながら最終的に選んだのが、セブンミールの宅配弁当。

これが本当にありがたい存在で、産後の我が家の生命線となってくれました。(←大げさ?)

 

かゆいところに手が届く

安心・安全はとてもありがたい

普段、セブンイレブンの店頭で見かけるお弁当とは内容が違います。
(最初は店頭の商品が届くのかと思ってました)

宅配のお弁当は、見た目からして、野菜をふんだんに使ってあるのがわかります。
それもそのはず。医師や管理栄養士監修のもと作られたメニューなんですって。

産後、母乳をあげる人は特に、赤ちゃんのためにもちゃんとした食事を取りたいですよね。でも産褥期に自分で作るのは大変。

保存料も合成着色料も使用してなかったり、品質管理がきちんとされているから、安心して食べられます。

セブンイレブンという、普段から利用している身近な存在のサービスであることも安心感があり、選ぶ上での決め手になりました。

 

 

玄関先まで持ってきてくれる

そして、新生児がいると外出が難しく、玄関先まで配達してくれるのは本当に助かりました。配達時間帯も、昼便か夕便かでざっくりですが選べます。
セブンミールのお弁当は、近くのお店受け取りか宅配か選べるんですが、我が家はほぼ100%家にいて外出できないんだから、迷うこと無く宅配をチョイス!

留守がちな人だったら、お店受け取りにしておけば、受け取り可能時間帯内なら自分の好きなタイミングで取りに行けるっていうのが気楽でいいですね。

 

お弁当以外もお届けしてもらえる

お届けしてもらえるのは、お弁当だけじゃありません。コンビニで見かける麺類や、甘いものがほしくなった時に嬉しいスイーツなんかも届けてもらえます。トイレットペーパーなどの生活雑貨もあります。普段セブンイレブンの店頭で見かけるものもあれば、そうでないものもあります。
お酒も種類は限られてますが届けてもらえるんで、来客用や旦那さん用に必要な人には便利ですよね。

 

使い勝手がいい

スマホでサクっと手続きできる

 

普段の生活の中でも、スマホなら気軽に使えますよね。
急に注文内容を変更したくなった時とかにも、すぐに手続きができました。赤子の横で布団で横になりながらとか、ぼや〜っと授乳しながらとか。

 

お弁当が必要ない日は除外できる

これが地味にありがたかったです。一週間みっちり夕食を家で食べるわけじゃないですもんね。
旦那さんがご飯いらない日とか、好きじゃないメニューの日とか(←こら)、この日は要らないな〜って日だけやめられるんです。

妊娠前、一時的に他社の宅配弁当を利用してみたんですが、一週間単位での注文で、要らない日だけ削除できなかったため不便でした。しかも、前週の水曜日までに変更しないといけなくて、急な予定変更があると、「食べなかったお弁当をどうするか問題」が発生してしまいました。

 

セブンミールのお弁当は、一週間単位で申し込んで必要ない日は除外できるのは前述の通りですが、一日単位でこの日だけ欲しいって日を選んで届けてもらうこともできます。
いつもは旦那さんやら実家義実家やらのサポートがあるご家庭でも、この日、この期間だけは無理っていう時だけ使うって方法もあります。

しかも前日の10時半までに申し込めば、翌日さっそく持ってきてもらえるし、反対にキャンセルもできるんで、明日の予定変わったーって時でも、朝のうちなら何とかなります。

いいように使えます。なんて便利。

 

タダで持ってきてくれる感覚

自宅に届けてもらう場合、一応配送料が設定されていますが、合計で税込500円以上注文すれば配送料は無料になります。

一番お手頃なお惣菜セットで税込510円なので、お弁当1個注文すれば配送料はかかりません。
我が家でもこのシリーズを利用してたんですが、旦那さんのと2人分なので、何の問題もなく毎回無料で持ってきてもらってました。旦那さんが夕食いらなくて自分の分だけ頼んでも、配送料はかからなかったです。

お弁当1個わざわざ持ってきてもらって、しかも配送料無料でって、かえって気を遣ってしまうぐらいです。申し訳ないやらありがたいやら…。

当時、配達のお兄さんには、心を込めて「ありがとうございます」って頭下げてました。

 

実際に利用してみて感じたメリット・デメリット

 

そんなこんなで、産褥期プラスαぐらいの期間お世話になったセブンミールの宅配弁当。
実際に利用してみて感じたメリットとデメリットとを、私なりにまとめてみました。

 

メリット

美味しくって健康的!

プロが監修してるらしく、ぱっと見ただけでもいろんな食材が使われてるのがわかります。味付けも工夫されていて、家庭的でほっとする味です。濃すぎず、薄味好きの旦那さんも満足してました。
野菜もふんだんに使われてるから、朝食昼食の栄養バランスがイマイチだった日でも、罪悪感が減りました。

はじめての母乳育児で、どのぐらい脂っこいものを食べたらおっぱいが詰まるのかわからなかったし、乳腺炎になるのが怖かったんで、揚げ物ばっかりのお弁当はイヤだったんです。
セブンミールのお弁当は、揚げ物も煮物も焼き物も和え物も、いろんな食材を種類豊富に使い、いろんな調理法で作ってありました。おかげで、毎日安心して美味しくいただけました。

母乳も美味しいのか、息子はぐびぐび飲んでぷくぷく成長してくれましたよ。

 

メニューが毎日違って飽きない!

これは本当に嬉しかったです。
1ヶ月以上利用して、同じ内容だったことはなかったように記憶しています。

多少似てるものはあっても、それもごくまれなケース。組み合わせが違ったり、味付けが違ったり、同じ食材でも上手に使ってあります。
そのバリエーションの多さは、自分の限られた料理レパートリーを増やす上での参考にもなりました。

スーパーでもお惣菜やお弁当は買えるけど、どうしてもワンパターンになりがちなのが気になるところ。しかもがっつり系のものが多く、和食系のものは種類が少ないのも、毎日のことと考えると悩ましいポイントでした。
毎日いろんなスーパーを旦那さんに巡ってもらうわけにはいかないし…。
和風のお惣菜とかを種類多く買うと結構な出費になるし…。
我が家のエリアで宅配してくれる唯一のお弁当屋さんは、揚げ物満載の内容ばっかりだし…。

その点、セブンミールのお弁当は、家まで持ってきてくれるのに価格も良心的で、和食も洋食も中華もあり、毎日「今日のごはんは何かな〜♪」と楽しみでした。

 

夕食を考える重責から逃れられる!

家族の食事作りを担当する者として、毎日3度の食事のことは常に頭から離れません。仕上がり時間とか、内容とか、冷蔵庫の在庫状況とか。

夕飯のことを考えなくていいと、こんなにも気が楽なのかと正直びっくりしました。
午後からの余裕感がハンパないです。赤ちゃんのお世話に集中できるし、昼寝もしっかりできます。

ごはんさえ炊いておけば、レンジでチンしたら栄養バランスのいい美味しいおかずと共に夕食が食べられるって、本当にありがたいです。
ウチは、おかずだけのお惣菜弁当にしてましたが、ごはん付きのにすれば、ごはんすら炊かなくてもいいんです。

買いにも行かず。作りもせず。ごはんも炊かず。それでいて栄養満点。
便利な時代ですな。

 

 

デメリット

メニューによってはちょっと足りないかも

魚がメインの時や和食の時は、若干の物足りなさを感じました。
あくまでも我が家の主観ですけど。
食べる量は個人差あると思うんで、普通ならこれでちょうどいいのかもしれませんね。

母乳あげてると、お腹がすくんですよね〜。元々よく食べる方ですけど、授乳中はさらに食欲がアップしてました。白ごはんも旦那さんと同じぐらい食べてたし。

 

なので、ちょっと物足りないかな〜って時は、別で用意してたお惣菜をプラスしてました。
旦那さんにスーパーで冷凍できるものを買ってきてもらって、必要に応じて解凍して食べてたんですけど、セブンミールでレトルトのとかも頼めるからそれ使ってもよかったかもしれませんね。

 

 

時間帯お届けなので到着時刻が読めない

昼便(正午ごろまでにお届け)か夕便(19時ごろまでにお届け)か選べるんですが、はっきりした時間がわからないのがちと難点でした。いつ届くかは、担当の配達員さん次第です。
わがままを言わせていただけるなら、もうちょっと狭い範囲で時間帯を選べると、ありがたかったです。

ウチは晩ご飯の時間が早くて18時頃なので、夕便にしたら範囲が19時までだから間に合わない可能性があるため昼便にしてたんです。
そうすると配達員さんのタイミングなのか9時ぐらいの時が多くて、夜通し新生児の授乳して朝方になってやっと寝られた時に起きなくちゃいけないのが、ちょっと辛かった。

完全こっち都合の話で知らんがなって言われたらそれまでですね。
すいません。

もちろん、ピンポンに出られなくても通常の荷物同様再配達してくれます。

なんか家にいるのに出られなくて、また来てもらうのは申し訳ないから、出来る限り受けられるようにしてただけです。
お風呂とかね。仮眠とかね。お弁当が届いてないと、気になって躊躇してしちゃうんです。その縛られてる感は、多少ありました。

 

便利すぎて堕落してしまう

メリットにも書きましたけど、毎日晩ご飯の心配しなくていいって、本当に気が楽なんです。

これに慣れすぎて、もう産褥期過ぎたのにこの快適生活から離れがたくてずるずる継続してしまいました。
旦那さんから「いつまで続ける気?」と言われ、ようやく停止しましたが。

 

そしてまともに料理をせずに1ヶ月以上経ったら、料理のカンも鈍り腕も落ちまくってました!
しばらくはリハビリ期間として、切って炒めるだけとか、混ぜるだけで自分で味付けしなくていいソースとかをフル活用してました。

これをデメリットとするのかって感じですが、便利すぎて人をダメにすると思います(^^;)

 

まとめ

 

私が1人目を出産した際、里帰りしなくても大丈夫だったのは、このセブンミールのお弁当と旦那さんのサポートのおかげでした。

 

とにかくおすすめしたいポイントは、

■使い勝手がいい
■健康的で美味しい夕食が毎日食べられる

ということです。

里帰りせずに子育てがんばっていこうとされてる方には、ぜひ利用してみてほしいです。
お仕事しながら子育てされてる超多忙な方々の、時間捻出のためのツールとしても使えると思います。

 

本当に便利な時代に生まれたなと、改めて思います。
宅配サービスでも時短家電でも行政サービスでも何でも、利用できるもんはがっつり利用して、毎日の子育てを楽しむ余裕を作っていきましょね♪

 

 

 

 

ではではー。

 

コメント