クラウドワークスで初心者提案が採用されるコツを見つけたかもしれない

デザインのこと

初心者の武者修行の場としてクラウドワークスを利用させてもらうこと、はや2ヶ月。
この間、毎日ゴリゴリ作品作っては提案し続けてましたー!

…ならいいんですが、要領悪い私がそんなことできるはずもなく…。

しかさん
しかさん

おいっ!

家事育児の合間に、スキマ時間をかき集めて何とかかんとか作って、たまーに「提案する」のオレンジのボタンを押せる日がある、ぐらいの頻度で取り組んでました。

 

スポンサーリンク

初心者がクラウドワークスに2ヶ月取り組んだ結果

ななな、なんと!!!
初心者の私の提案が採用されて、報酬をいただくことができました〜〜〜!!!!
しかも、数件!!!!!

あらたま
あらたま

やったー♪嬉しー♪♪

報酬っていっても全部合わせても微々たるものなんですけどね〜。
それでも嬉しい!

金額の大小じゃないんです!
家にひきこもりっぱなしの育児主婦が、自力で収入を得られたんですよ!

毎日が「やって当たり前」とされることの連続で、終わりも無くお給料も発生しない育児主婦の業務。
そんな中、自分の「仕事」に対してはっきりと「報酬」が支払われるなんて…!

すっごい嬉しい。
すっごい気持ちいい。

 

この記念すべき事態に浮かれて小躍りしたいところですが、ここはぐっと抑えまして。
なぜ、初心者の私の提案が採用されたのかについて、冷静に考えてみました。

すると、何となく採用される時のパターンが見えてきたんです。

 

クラウドワークスはプロとシロウトが混在してる?

CW(クラウドワークス)に取り組むこと2ヶ月、初心者の目で他の方の提案を見ながら率直に感じたこと。

それは、

あらたま
あらたま

うわ〜!うまいな〜!どうやったらこんなん作れるんやろう…!?

ていうのと、

あらたま
あらたま

え?これ…か?……。…まじで?

っていうのが混在してるってこと。

 

お仕事としてみなさん取り組まれているわけだから、本気なことに変わりはないのかもしれません。
しかし出来上がりのクオリティは、プロのそれとシロウト感丸出しのとがあるってことがあり、その差は初心者からしてもはっきりわかりました。

 

これは、初心者的にはとてもありがたいことだったんです!

プロのお仕事を間近で見せてもらえることは、とても勉強になります。
クライアントのニーズをしっかりキャッチした作品の数々は、もう尊敬以外の言葉がありません。

反対に、シロウト感漂う作品を見てると、自分がここにいてもいいんだよと言ってもらえてるような安心感を得られるんです。

その安心感から、初心者だからと気後れすることなく思い切って提案できちゃうんです。
そして選ばれなくても、そりゃそう!と悔しさも感じないぐらいプロとの力の差があるから引きずることもない。

うまいこと挑戦の土壌ができているという、絶妙のバランス。
初心者的にはとてもありがたいことです。

 

初心者が入り込めるスキマがあった!

採用されなくてもいい勉強になればいい…と思いつつも、やっぱり採用されると嬉しい!

一度味をしめた初心者は、どんな時に採用されるか、どうやったら採用されるのか、初心者が入り込めるスキマがないか探してみたんです。

 

その結果…スキマはあると確信しました。
私の場合は、こんな案件では採用してもらえる可能性が高いみたいです。

採用件数が多い

ひとつの案件で、「いいものは全て採用します」とか「10案採用予定」とかの複数案採用のやつは、初心者でも採用される可能性が高いです。

これは、採用者側の気持ちになればわかるかと思います。

採用できるのが1つだけだと、真っ剣に悩みますよね。
できるだけ多くの提案が欲しいし、その中で一番いいやつを選びたい。

そうなると、慎重になるのも無理はないです。
作品のクオリティの高さはもちろんのこと、デザイナー自身がプロで実績もあって要望にも柔軟に対応できるだけのスキルがあるかどうか、見ちゃいますよね。

反対に、いくつか採用できるなら、その気持ちに余裕が生まれると思いませんか。
もうちょっと感覚的に選べるというか。
純粋にいいな、と思ったやつでよくて、作った人間の属性にはそんなに気持ちをもっていかれない気がします。

そうやって基準が若干甘くなったところに、採用者側の好みと初心者作品のテイストがマッチすれば、選ばれることがあるんだと思います。

 

単価が低い

採用された場合に支払われる報酬が低いと、プロの方は「この金額でやってられっか」ってなるんですかね。
報酬の設定金額が低い案件には、そんなに人が集まりません。

そういうプロが相手にしない案件に、初心者が滑り込むスキマができるんです。
ライバルが少なそうなところでは、初心者でも採用される可能性があるんです。

 

そうやってシロウトが業界の単価を下げてしまうという議論もあるかと思いますし、難しいところですけどねー。

足下みて、低い金額で発注する人がいるから単価が下がるのか…。
低い金額で受ける人がいるから単価が下がるのか…。
にわとりが先か、たまごが先か…。

 

女性や子どもがターゲットの案件

 

私自身が育児主婦なので、子ども向けの商品や、女性をターゲットにした商品の案件は、作る時にもやりやすかったですし、実際に採用されたのはこればっかりでした。

自分自身がターゲットの属性に合っていると、イメージも掴みやすいからですね。

ビジネスマンを対象としたアイテムや、全く馴染みの無い業種に関する案件は、挑戦してもひっかかりもしませんでした。

プロなら、どんなテイストでも相手のニーズに合わせて作れるんでしょうね。
初心者の私は、自分の頭で想像できて肌感覚でわかるものじゃないと、説得力のあるものは作れませんでした。

 

 

まとめ

初心者がクラウドワークスのコンペに挑戦してみた結果、コツをおさえればちょっとでも採用される可能性がアップするということがわかってきました。

・複数案採用の間口の広い案件
・単価が低くライバルが少ない案件
・自分の得意なテイストがマッチする案件

これらの条件に合った案件を見つけられた時は、迷わず挑戦してみるべしだと私は思います。

とにかくロゴが作れるようになりたい!ならロゴ作成案件ばっかりやってもいいだろうし、絵を描くのが得意ならキャラクターなどのイラスト作成の案件に狙いを絞ればいいと思います。

しかし、そういう限定された目的がないなら、初心者でも採用される可能性が高い案件もこなしておいて損は無いですよー。

偶然にも採用されちゃったりした日にゃあ、モチベーション上がりまくりですよ!
ぜひお試しあれ…♪

 

 

ではではー。

コメント