「産後無理すると後で大変」って具体的にどうなる?【私の実体験】

妊娠・出産

こんにちは、あらたま(ara_ta_ma)です。

私は上の子出産時も下の子出産時も、里帰りしませんでした。
理由はいろいろあるんですが…。
その結果、いい部分があったのも確かです。

里帰りってした方がいいの?しないことのメリット・デメリット
「友達に聞いたら、結構みんな里帰りしたみたい…。」 「里帰りって、するものなの?しなかったらどうなる?」 「うちの実家、里帰りできる状況じゃないんですけど!?」 まわりの先輩ママたちが、みんな当たり前のように里帰りしてたら...

でも、甘えるのも任せるのも下手で自分ががんばらねば!と抱え込みすぎた結果、身体のあちこちに異変が…っ!
きちんとケアしてなかったのが悪いんですけどね〜。

あらたま
あらたま

産後の身体は産前とは別人です…。

単純に加齢のせいなのか、産後特有の変化なのかはわかりませんが、変化があったという事実は確かなので、具体例のひとつとしてここに置いておきますね。

この記事は、

□ これから子どもが生まれるけど、夫にも親にも頼れない。
□ 上の子がいるから休める気がしない…。
□ 産後は休めって言われるけど、体力には自信があるし大丈夫だと思ってる。

ってなってる人に、心の準備のひとつとして参照していただけたらと思います!

 

スポンサーリンク

私が実感した産前/産後のちがい

重ねて言いますが、単純に年取ったせいなのか、産後のホルモンバランスの変化とかによるものなのか、はたまた単純に慣れない育児で疲れてるだけなのか、何が原因なのかの証明はできませんよ。

ただ、産前と産後とでどんな変化を実感したのか、というお話です。

健康上の変化

バネ指になった

右手の親指が、全く曲がらなくなりました。
左手の親指も曲げるたびカクカクなって、曲がらなくなる一歩手前でした。

親指を使わずに過ごそうとしましたが、子どもと手をしっかりつなげないとか、何かを持とうとしても落としてしまうなど、日常生活に支障が出て治療することに…。

整形外科でめっっっちゃ痛い注射をしてもらたものの効果はなく、結局鍼灸接骨院に半年ほど通ってやっと治りました。

風邪をひきやすくなった

子どもが風邪をひいたらほぼうつります。
至近距離で生活してるし、菌は避けようがないですけど自分の抵抗力がなさすぎる…。

そして自分単体で風邪引くことも増えました。
出産前は、熱出すなんて一年に一回あるかないかだったのに。

気管支喘息になった

風邪をひきやすくなったのに加え、悪化して気管支喘息になりました。
これは長男妊娠中に最初になったんですが、産後風邪をひくと変な咳が長引き呼吸が苦しくなるのです。

慣れてくると

あらたま
あらたま

あ、この咳はほっといても治らへんやつや。

ってわかるようになってきて、そんな時は素直に医療機関を受診するようにしてます。

PMSがひどくなった

これ地味にツラいです。毎月のことですし。
特にイライラする自分をコントロールできなくて、子どもに必要以上にキツく当たってしまって自己嫌悪…の流れが最悪です。

びっくりするぐらいの倦怠感で何もやる気起こらない、のに育児主婦に休みはないってのもツラいですが、突然沸点に達するイライラがもう…家族にも申し訳なくてツラいです。

体力が落ちた

体力オバケの子どもたちと毎日過ごすのに、これは致命的です。
お出かけはおろか、近所のスーパーに買い物に行くだけでも疲れます。

出産前まではタフな方で、休みなしで働いても平気だったしかなり精力的に動き回ってたのになぁ…。

今では、何しててもすぐバテます。休憩必須。

身体的な変化

おっぱいがなくなった

長男をほぼ母乳たまにミルク、次男を完母で育てたんですが、卒乳後のおっぱいは変わり果てた姿に…。

もういろいろとめんどくさくなって、補正下着や育乳ブラなどを使うこともなく放置した結果、かわいそうな胸元ができあがりました。

下腹に「うきわ」ができた

妊娠して大きくなったお腹の、のびきった皮膚の内側にそのまま脂肪を溜め込んだみたいになってます。
前だけじゃなく、腰回り全体がどどーんと。

産前に使ってた下着を使うと、めっちゃ跡残ります。
かといってコレを今から引き締めるエクササイズを継続する自信は…ない。

白髪が増えた

産後に抜け毛が増えるというのは有名な話で、それもがっつりあったんですが、さらに白髪まで…っ!

最初は1〜2本で見つけ次第抜いてたんですが、順調にその数は増えております。
白髪染めするかどうか本気で悩み中。

物理的な変化

自分の負担が増えて自分の時間はほぼ無くなった

産後ハイのせいでしょうか…。

あらたま
あらたま

私がやらなきゃこの子は死んでしまう…!

あらたま
あらたま

大丈夫、安産だったし回復も早いはず!

と無駄にやる気を見せてしまった産褥期。
退院後すぐから、なんだかじっとしていられず家事もしはじめてしまいました。

ちょっとした掃除とか食事の用意片付けとか、簡単なことだけとはいえ、赤ちゃんのお世話以外のこともし、産後2週間もすればもう回復した気になってました。

さらに周りに頼ることが下手すぎる性分のため、自分ひとりで家事育児何でもやろうとしてしました。
上の子の時は、産後一ヶ月で仕事も再開。

その結果、自分でやらなければいけないことの範囲が広がってしまいました。
夫も「自分でできるんやん」と頼られないから助けないスタンスに。

しんどくなってからでは分担を変えることもできず、いっぱいいっぱいになってしまいました。

その悪いクセはなかなか抜けず、家事育児に関することで誰かを頼ることに罪悪感を感じてしまい、結局自分で抱え込んで自分の首を自分で絞める結果に…。

夫婦ふたりの子どもなのにね。

今では抱え込んだ家事育児を、極限まで手を抜くことでキャパオーバーにならない程度に回していますが、産後すぐの段階でもっと甘えて頼って、まわりのサポートを得る工夫をしてたらよかったな〜と、ちと後悔しています。

 

因果関係がはっきりしないから「ウワサ」止まりなんだと実感

このように、思いつくだけでもかなりの変化がありました。

ただ、こうやって挙げてみて改めて思ったんですが、この変化って「産後だから」と自分で断言できないんですよね。

あらたま
あらたま

単純に年齢的なものかもしれないですし。

だからこそ、がんばりすぎちゃうママさんが後を絶たないんだろうなと思います。

自分ができないのは甘えなんじゃないか、とか。
みんなやってるから、とか。

そんなふうに本人も思っちゃうし、何ならパートナーや身内など、身近な人たちも同じ意識があって、産後のママを追い詰める言動が頻発してるように思います。

 

母親失格とか、子どもがかわいそうとか、他の人はできてるのにとか、自分はやってきたのにとか。

そういう呪いの言葉に対抗するだけの、「産後無理してはいけない」の根拠がない。
いや、根拠はあるとしても、全然浸透してない。

ちょっとググれば「産後無理すると歳とってから苦労するよ」って先輩ママたちの意見は山ほど出てくるのにね。
今現場で闘っている産後すぐのママたちが、胸をはってそのアドバイズに従えない、この構図。

もう時代は令和なんだから、いい加減消滅してほしいです。

 

まとめ

仮に、仮に産後無理したことによりこの変化が大きく出るのだとすれば、世の妊婦さんたちは無事に出産したらまわりになんと言われようが意地でも休んでほしいと思います。

ほんと、地味にしんどいから!
過去の自分に会いにいけるなら、力ずくでも休ませたい…。

よく、産後は交通事故で全治3ヶ月の大怪我をした人と同じダメージだとか言いますよね。
そんな大怪我したら、間違いなく入院ですし絶対安静ですし、そんな人に家事しろとか仕事しろとか言わないですよね。

あらたま
あらたま

内蔵にも骨格にもダメージ受けて満身創痍でヨロヨロの人に、食事作れとか掃除しろとか…。

しかさん
しかさん

どんだけ鬼畜やねん!ってなるな。

これと同じ状況にもかかわらず、産後はノンストップで新生児のお世話スタートなんです。
しかもろくに眠れず慢性的な寝不足で、身体の回復もなされないままに、です。

 

夫が激務で頼れないとか、実家が遠くて頼れないとか、公的サービスは利用しにくいとか、頼りたくても頼れない状況が出来上がってるのは、よくある話だと思います。

ならせめて、お金で解決できることはお金で解決させてほしい。
家事代行だろうがベビーシッターだろうがどんどん使って、赤ちゃんのお世話のみに専念させてほしい。

お金に余裕がないなら、家事育児に手抜きしてても一切文句を言わないでほしい。
部屋が汚かろうが、食事が作れていなかろうが、赤ちゃんとママが死なずに無事なら何も言わず自分のことは自分でやってほしい。

育て方や便利な育児アイテムを使うことにいちいち口を出さないでほしい。
昔はどうだったとか、他の人はどうだとか、そんなことはどうでもいいから当事者じゃない人は黙っててほしい。

しかさん
しかさん

おおお…なんか荒れとるな。

 

とにかく、産後のママをきちんといたわり休ませるのが当たり前の世の中になってほしい!
ほんとにみんな、産後ハイにも外野の声にも惑わされないでー!!

…と熱くなってしまうのは、実体験により産後無理したことにより後からくるツラさがわかったからなのです。
誰かに伝わりますように…っ!

 

ではではー。

 

コメント