子連れで行くべき宿!あわづグランドホテル【キッズパーク編】

おでかけレビュー

 

石川県小松市にある、子連れに優しい宿「あわづグランドホテルさん。
この施設があるからこの宿を選んだ!と言っても過言ではない、館内キッズパーク「こども村」のご紹介です!

ちょっとしたキッズスペースがロビーや大浴場前にあったりするお宿は見かけますが、あわづグランドホテルさんのはレベルが違いました。もはや別次元ですよ。

 

 

※この記事の内容は…

■3歳11ヶ月・1歳10ヶ月の子ども連れで出かけた親目線の感想です。
■2018年6月時点の情報です。
■あらたま個人の主観ばりばりで書いてます。うたがわしきは各自ググるか直接お宿にお問い合わせください。

 

では、いってみましょー☆

 

 

室内大型遊具が温泉宿に!?

 

本館のエントランスをくぐると、一階ロビー奥に子どもが間違いなく食いつく室内遊具がすでにお目見え。そしてその奥には、「こども村」の入り口が…!

 

本格的なキッズパークが無料で遊び放題!

どんなところだろう、どのぐらいの規模で、どんな遊具があるんだろうと、行く前にHPやら実際に行った人のブログやら動画やらで下調べしまくりました。

が、あんまりよくわからない〜!

ボールプールがあるっぽいな、ドーム型のトランポリンもあるのかな?と3割ぐらいのイメージはつかめてたんですが、その全貌は実際に行ってみるまでわかりません。

2歳差兄弟が両方とも楽しめるのかどうかが一番気になるポイントで、ドキドキしながら行ってみると…。

 

こ、これ無料で使っていいの…!?

というレベルの、本格的なキッズパークがそこに広がっていました!

昔ダンスホールだったところを改装したらしいんですが、なんてナイスな改装だろうと子連れファミリーとしましては感謝と感動しかありません。

 

 

7つのエリアで子ども大満足♪

「こども村」は、室内大型遊具が大きく分けて7種類あります。

 

ボールプール(的あてボードつき)

的は点数の書いてある穴なんですが、子どもよりも大人が必死になってしまいました。
運動不足なくせに張り切ったので、あらたまは翌日肩をやられました…。

 

ボルダリングウォール(ぶらさがりロープ付き)

子どもが登りやすいようにホールドの間隔はせまく配置も単純にしてくれてます。床はやわらかいクッション素材なので、ちょっと落ちたぐらいなら痛くありません。

 

ふわふわドーム(ドーム型トランポリン)

テンション上がってびょんびょん跳ねたくなるやつです。大人も。そこだけ天井が高くなってたり、角にはコーナークッションが貼ってあったりと、身長の高い子や大人だと頭打つことを想定してちゃんと守ってくれてるのがありがたい。

 

すべり台(低めのお山)

ほとんどすべらないし階段も含めて全体がやわらかい素材なので、ちっちゃい子でも安心して遊べます。

 

大型ソフト積み木(子どもが乗れる大きさ)

積み上げては崩したり、トンネル作ったり、おうち作ったり、子どもが自由に発想して遊べます。そしてかなり大きなサイズなので持ち運ぶだけでも子どもにとってはいい運動になりそう。

 

マグネットボード(いろんな形と色のマグネットあり)

ぺったん好きな月齢の子どもは離れなくなります。我が家のたっくんも熱中して芸術作品を作ってました。

 

赤ちゃん用おもちゃスペース(0歳〜遊べるスペース)

ちょっと写真ではわかりにくいですけど、子ども村の奥に、一段高くなったところがあり、そこは赤ちゃん用のスペースになっています。座ったまま遊べるおもちゃやベビーゲートがあり、遊具で遊ぶにはまだ早い赤ちゃんも楽しめそうです。

 

これら全てがやわらかい素材でできていて、裸足で走り回ってぶつかっても転んでも落ちても痛くないように配慮してあるから、最高です。

そしてもちろん冷暖房完備!

私たちは6月に訪れて、入ってすぐはちょっと冷房しっかりめに効いてるな〜と感じたんですが、遊びまくる子どもたちはすぐに汗だくに!

そうなることを予測しての温度設定なんですかね。
もしそうなら、すばらしい利用者目線ですね。

 

 

大人もちょっと休憩できる♪

子どもの天井しらずのテンションアップにつき合うのに疲れた時のため(かどうかはわかりませんが)、ちゃんと休憩できるスペースが、子どもたちが遊んでいるのを見られる位置にありました。

 

無料のマッサージチェア

大浴場前とかの休憩スペースに置いてあるのって、有料のが多いですよね。
でも、ここのは無料!足の先までしっかりマッサージしてくれる、ちゃんとしたやつが無料で使えます。

いつもと違う動きして疲労した身体をほぐしながら、きゃいきゃい遊ぶ子どもたちを見守る時間は最高です。

 

テーブル&椅子
上の写真にもちらっと写ってますが、マッサージチェアのすぐ横が休憩スペースになっています。自動販売機もあり、遊び疲れて喉が渇いたら、子どもも一緒に休憩できます。
ちょっとジュース飲んだりお菓子食べたりするのにちょうどいい感じです。

 

 

実際に利用してみて感じたことは?

 

温泉宿にいながら子どもを心ゆくまで遊ばせてあげられるキッズパーク「こども村」。
実際に利用してみて、小さい子どもがいるファミリーにとっては最高の館内施設だと思いました。

 

どんなお天気でも遊べるのは助かる!

旅行の予定って、お天気に大きく左右されますよね。
観光地や遊園地に行く予定をしていても、雨が降ったら動き方を制限されるか、何ならプランを変更せざるを得ないことも…。

でも、この「こども村」は、お天気の影響を全く受けません!
もし旅行当日雨になって、行きたかったところに行けない…となっても、子どもはここで思う存分遊べます。

そう、悪天候の場合へのリスクヘッジとして、かなり有効なんです!

 

実際、あらたま一家が訪れた時は雨予報だったんですが、動き方を変更して雨ががっつり降る日はこの「こども村」で遊ばせてました。

朝食→「こども村」→昼食→お部屋でお昼寝→「こども村」→お風呂→晩ご飯→ちょっとだけ「こども村」→就寝

って感じで。トータル5〜6時間はいたかも。

雨の日でも、退屈することなくがっつり身体動かして遊ばせてあげられました。

 

安全面にもきっちり配慮してくれている

「こども村」の中は、すべてがやわらかい素材でできていて、角もしっかりガードしてありました。
まだ歩くのが上手じゃない年齢の子でも、はしゃいで派手に転んでしまっても、なるべく痛い思いをしないようにしてあります。

嬉しいですよね、こういう徹底ぶり。

ほんとに、子どもって予想外の動きしますもんね。突然走るし突然こけるし突然跳ぶし…ケガが絶えません。(うちだけ?)
我を忘れて犬のように走り回る我が子たちを、「危ないからやめなさーい!!」って怒らなくていいだけでも親としてはかなりストレス減でした。

 

赤ちゃん〜未就学児ぐらいが対象?

行く前に気になってたのが、「上の子でも楽しめるのか?赤ちゃん用だったらもうすぐ4歳になるまーくんには物足りないかも…。」というところ。

が、なーんも問題なし!
3歳男子は汗だっくだくになってはしゃぎまくってました。

遊具のレベルからしたら、0歳の赤ちゃんから未就学児ぐらいならかなり楽しめると思います。
小学生ぐらいになると、ちょっと物足りないかな…?

子どもなら工夫して遊ぶのかもしれませんけどね。ここの遊具では物足りないな〜って思われるお子さんがいらっしゃるファミリーには、あわづグランドホテルさんから車で20分ぐらいのところにある「航空プラザ」をおすすめしときます!

 

 

ちょっと注意したいポイント!

 

安全対策しっかりしてあって、冷暖房完備の楽しい場所だからといって、大人が手放しでリラックスできるかというとそうではありません!

 

子どもが離れなくなります

これはいいことなのかそうでないのか…。
子どもが喜んでくれるのはいいことなんですが、大人としては切り上げ時が難しい!

ちゃんと「おしまい」ができるならいいんですが、そうでないなら親と子の仁義無き戦いが勃発すること間違いなし。

楽しすぎるし、閉園時間もないからいようと思えばいつまででもいられるからこそ、親としては何かしらの対策を練る必要があるかと思います。

ちゃんと事前にお約束するとか。
おしまいに持ち込むための「エサ」を用意しておくとか。

 

 

蚊に刺される可能性アリ

季節にもよるかと思いますが、蚊の侵入がありそうなのがちょっと気になる!

といいますのも、この「こども村」は本館一階にありまして、入り口の扉はほぼ開きっぱなんです。
そして一階エントランスの自動ドアは、人の出入りと共に何度も開いたり閉まったり。

ホテル周辺は木々も多く蚊が発生する可能性は極めて高いので、ぷ〜んと数匹入ってくるのは防ぎようが無いかも…。

「べつに蚊にさされるぐらい!」と気にしない方ならいいんですが、体質上刺されない方がいいお子さんや親御さんは、室内とはいえ蚊対策はしておいた方が安心かと思います。

 

欲を言うならゲートが欲しい…

「こども村」に入るところまでは靴をはいたままで、遊具のあるスペースの入り口で靴を脱ぐんですが、この靴を脱ぐエリアとそうでないエリアとの境目にゲートとかは何もありません。

なので、テンション上がった子どもちゃんや、あんよが上手になったお年頃で自由すぎる子どもちゃんとかは、ふと目を離したすきに裸足のまま脱走!なんてこともありえます。

(実際、発見した親御さんがダッシュで捕獲に向かう姿を見かけましたし、うちの自由人たっくんも、こちらがちょっと他に気を取られた隙に脱走してました…。)

なので、低くていいのでゲートがあるとより安心かなと思います。

 

 

さいごに

 

この「こども村」は、この規模が無料でしかもホテル館内にありスリッパや浴衣で行けるという気軽さで、ほんとに重宝しました。

すっぴんでもいいの!手ぶらでもいいの!何かあったらいつでもお部屋に戻れるから!
なんて気楽なんでしょ♪なんて子育てファミリーに優しいんでしょ♪

 

あいにくのお天気だったからこそというのもありますが、これから暑くなってきてお外で遊びにくい時にも、大活躍すると思います。
あと、寒くて外でじっとしてるのがツラい季節もね。親は見守りやすいです。

低月齢の子どもちゃんだと、暑さや寒さ、日差し対策が大変ですからね。
室内で遊べるというのは、体調管理の面で非常にありがたい。

 

こんな館内施設があるお宿が全国的に増えたらいいなぁと、心から思います。
湯快リゾートさん、ぜひこのノウハウをひろめてくださいー!

 

 

 

ではではー。

 

 

 

 

 

コメント